メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

2016-10-21から1日間の記事一覧

HLA半合致ドナーと合致血縁ドナーからの末梢血幹細胞移植:GVHD頻度、生存率等の比較

Similar incidence of severe acute GVHD and less severe chronic GVHD in PBSCT from unmanipulated, haploidentical donors compared with that from matched sibling donors for patients with haematological malignancies. Br J Haematol. 2016, PMID …

FLIPI2:濾胞性リンパ腫の予後指標

新しい論文ではありませんが、当ブログの検索ワードで「FLIPI2」が多かったので記事にしました。 Follicular lymphoma international prognostic index 2: a new prognostic index for follicular lymphoma developed by the international follicular lymph…

ALアミロイドーシスの診断時、ファーストライン治療終了時において、マルチパラメータフローサイトメトリーは予後を予測する。

The prognostic value of multiparametric flow cytometry in AL amyloidosis at diagnosis and at the end of first line treatment. Blood. 2016, 27729322 www.ncbi.nlm.nih.gov ALアミロイドーシスにおけるマルチパラメーターフローサイトメトリー(MFC)…

軽鎖型骨髄腫では、血清中のfree light chainを治療効果の指標とするべきである。

Serum free light chains should be the target of response evaluation in light chain multiple myeloma rather than urines. Blood. 2016, PMID 27729323 www.ncbi.nlm.nih.gov 軽鎖のみを発言している骨髄腫(light chain multiple myeloma; LCMM)のモニ…

骨髄腫患者の幹細胞採取におけるplerixaforのアップフロントな併用:効果と動員失敗のリスク因子

Upfront use of plerixafor and granulocyte-colony stimulating factor (GCSF) for stem cell mobilization in patients with multiple myeloma: efficacy and analysis of risk factors associated with poor stem cell collection efficiency. Leuk Lymph…

CNS-IPI:R-CHOPで治療されたDLBCL患者のCNS再発・浸潤リスクモデル

CNS International Prognostic Index: A Risk Model for CNS Relapse in Patients With Diffuse Large B-Cell Lymphoma Treated With R-CHOP. J Clin Oncol. 2016 Sep 10;34(26):3150-6 PMID: 27382100, DOI: 10.1200/JCO.2015.65.6520 目的 びまん性大細胞…

精巣リンパに病変のあるDLBCL:リツキシマブ時代における、CNS再発率とリスク

Diffuse large B-cell lymphoma with testicular involvement: outcome and risk of CNS relapse in the rituximab era. Br J Haematol. 2016, PMID 27739058 www.ncbi.nlm.nih.gov リツキシマブを治療に加えることで、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)…