読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

再発・難治CLL、SLL患者を対象としたibrutinibとofatumumabの第3相臨床試験

Ibrutinib versus Ofatumumab in Previously Treated Chronic Lymphoid Leukemia. NEJM 2014, PMID 24881631 [背景] 慢性リンパ性白血病(CLL)と小リンパ球性リンパ腫(SLL)の患者において、治療への反応期間が短かいことや、特定の染色体異常が予後の悪さと関…

慢性リンパ性白血病(CLL)における、FDG/PETの結果と組織像、臨床的特徴、生存期間の関連

Correlation between FDG/PET, histology, characteristics, and survival in 332 patients with chronic lymphoid leukemia (Blood 2014;123:2783-2790) Richter sydrome (RS)は予後不良と関連している。組織学的にaggressiveな慢性リンパ性白血病(histolog…