メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

進行期ホジキンリンパ腫における、interim PET-CTを用いた治療レジメンの改変

Adapted Treatment Guided by Interim PET-CT Scan in Advanced Hodgkin’s Lymphoma N Engl J Med 2016;374:2419-2429 背景 進行期ホジキンリンパ腫の治療をガイドすることを目的に、化学療法に対する早期の反応性を評価する方法としてのinterim PET-CTを評…

初回化学療法が奏功した後histologic transformationを来した濾胞性リンパ腫症例の予後

Risk Factors and Outcomes for Patients With Follicular Lymphoma Who Had Histologic Transformation After Response to First-Line Immunochemotherapy in the PRIMA Trial.J Clin Oncol. 2016 Jun 13. pii: JCO657163. [Epub ahead of print], PMID 272…

再発濾胞性リンパ腫に対するレナリドマイド・リツキシマブ併用療法とレナリドマイド単独療法の比較試験(CALGB 50401 trial)

Randomized Trial of Lenalidomide Alone Versus Lenalidomide Plus Rituximab in Patients With Recurrent Follicular Lymphoma: CALGB 50401 (Alliance) [JCO 2015;33:3635-3640] 目的 レナリドマイドとリツキシマブの併用(LR)は濾胞性リンパ腫(FL)に効果…

血清ビタミンD低値は濾胞性リンパ腫の予後不良因子かもしれない

Low Serum Vitamin D Levels Are Associated With Inferior Survival in Follicular Lymphoma: A Prospective Evaluation in SWOG and LYSA Studies (JCO 2015;33:1482-1490) 目的 近年、ビタミンD高値がリンパ腫の予後を改善する可能性が報告されている。著…

表在静脈血栓症患者における深部静脈・動脈血栓症リスクの検討

Risk of venous and arterial thrombotic events in patients diagnosed with superficial vein thrombosis: a nationwide cohort study (Blood 2015;125:229-235) 近年、表在静脈血栓症(superficial vein thrombosis; SVT)は重篤な合併症であるかもしれない…

多発性骨髄腫の同種造血幹細胞移植後に生じる二次性MGUSについての検討

Secondary monoclonal gammopathy of undetermined significance after allogeneic stem cell transplantation in multiple myeloma (Haematologica 2014;99:1846-1853) 多発性骨髄腫の経過において、初発時と異なるM蛋白のバンド:二次性のMGUS(monoclonal …

IPIスコアと胸水・心嚢液の有無が縦隔大細胞型B細胞リンパ腫の予後に影響している可能性がある

Prognostic significance of pleural or pericardial effusion and the implication of optimal treatment in primary mediastinal large B-cell lymphoma: a multicenter retrospective study in Japan (Haematologica 2014;99:1817-1825) 近年、縦隔原発大…

成人バーキットリンパ腫に対する短期大量化学療法の有効性:多施設参加前向き試験

Improved outcome of adult Burkitt lymphoma/leukemia with rituximab and chemotherapy: report of a large prospective multicenter trial (Blood 2014;124:3870-3879) この最大の前向き多施設参加臨床試験は成人のバーキットリンパ腫/白血病を対象として…

rituximab曝露時間を延長することで予後不良因子を多く持つ高齢者DLBCLの治療成績が改善するかもしれない

Optimization of Rituximab for the Treatment of Diffuse Large B-Cell Lymphoma (II): Extended Rituximab Exposure Time in the SMARTE-R-CHOP-14 Trial of the German High-Grade Non-Hodgkin Lymphoma Study Group (JCO 2014;32:4127-4133) 【目的】高…

メトホルミンはMGUSから骨髄腫への移行リスクを軽減するかもしれない

Association between metformin use and progression of monoclonal gammopathy of undetermined significance to multiple myeloma in US veterans with diabetes mellitus: a population-based retrospective cohort study (Lancet Haematol 2015;2:e30-36…

MALTリンパ腫における1st line治療としてベンダムスチンとリツキサンの併用療法は有効かつ忍容性良好だった.

First-line response-adapted treatment with the combination of bendamustine and rituximab in patients with mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma (MALT2008-01): a multicentre, single-arm, phase 2 trial (Lancet Haematology 2014;1:e104-e1…

再発マントル細胞リンパ腫において,標準的なCHOP療法にボルテゾミブを併用することで奏功率と生存率が改善した

Addition of bortezomib to standard dose chop chemotherapy improves response and survival in relapsed mantle cell lymphoma (Br J Haematol 2015;168:55-62) プロテアソーム阻害剤であるボルテゾミブ(BOR)は,細胞の化学療法に対する感受性を増大させ…

再発・難治骨髄腫におけるレナリドミド,シクロフォスファミド,プレドニゾロン併用療法の第I/II相臨床試験

Phase I-II trial of oral cyclophosphamide, prednisone and lenalidomide for the treatment of patients with relapsed and refractory multiple myeloma (Br J Harmatol 2015;168:46-54) この単施設,オープンラベル第I/II相用量増量試験では,再発・難…

再発・難治性アグレッシブリンパ腫の救援療法としてGDP療法はDHAP療法に劣らぬ効果を示し、かつ毒性は軽度であった

Randomized Comparison of Gemcitabine, Dexamethasone, and Cisplatin Versus Dexamethasone, Cytarabine, and Cisplatin Chemotherapy Before Autologous Stem-Cell Transplantation for Relapsed and Refractory Aggressive Lymphomas (JCO 2014;32:3490-…

再発骨髄腫におけるcarfilzomib,レナリドミド,デキサメタゾン併用療法

Carfilzomib, Lenalidomide, and Dexamethasone for Relapsed Multiple Myeloma (NEJM, DOI: 10.1056/NEJMoa1411321) 背景 レナリドミド+デキサメタゾンは骨髄腫再発時において基準となる治療である.プロテアソーム阻害薬であるcarfilzomibをレナリドミド…

リツキシマブ併用化学療法を受けたHBVキャリアにおけるHBV再活性化についての前向き試験

Hepatitis B Reactivation in Patients With Previous Hepatitis B Virus Exposure Undergoing Rituximab-Containing Chemotherapy for Lymphoma: A Prospective Study (JCO 2014;32:3736-3743) 目的 リツキシマブ併用化学療法を受けたHBs抗原陰性,抗HBc抗…

再発・難治性アグレッシブリンパ腫に対する自家移植前のGDP療法の有効性

Randomized Comparison of Gemcitabine, Dexamethasone, and Cisplatin Versus Dexamethasone, Cytarabine, and Cisplatin Chemotherapy Before Autologous Stem-Cell Transplantation for Relapsed and Refractory Aggressive Lymphomas (JCO 2014;32:3490-…

再発ALアミロイドーシスに対するbortezomib単剤治療 第1/2相臨床試験の長期成績

Long-term follow-up from a phase 1/2 study of single-agent bortezomib in relapsed systemic AL amyloidosis (Blood 2014;124:2498-2506) CAN2007試験は、再発した原発性ALアミロイドーシスを対象とした、bortezomib週1回または2回投与の第1/2相臨床試験…

濾胞性リンパ腫の初回治療後に実施するPET-CTの予後予測力

Prognostic value of PET-CT after first-line therapy in patients with follicular lymphoma: a pooled analysis of central scan review in three multicentre studies (Lancet Haematology 2014;1:e17-e27) [背景] 濾胞性リンパ腫に対するfirst lineのリ…

CD30陽性末梢性T細胞リンパ腫の初回治療におけるブレンツキシマブ ベドチン併用CH(O)Pの第1相試験

Brentuximab Vedotin in the Front-Line Treatment of Patients With CD30+ Peripheral T-Cell Lymphomas: Results of a Phase I Study (JCO 2014;32:3137-3143) [目的] 末梢性T細胞リンパ腫(peripheral T-cell lymphoma; PTCL)の初回治療はCHOPのようなレジ…

ホジキンリンパ腫長期生存者における糖尿病発症リスク

Risk of Diabetes Mellitus in Long-Term Survivors of Hodgkin Lymphoma (JCO 2014;32:3257-3263) [目的] 近年、腹腔内に放射線治療を受けた小児癌患者で糖尿病のリスクが増加することが観察されている。ホジキンリンパ腫(HL)についても、横隔膜下に放射線…

頭蓋顔面にリンパ節外病変を有するアグレッシブB細胞リンパ腫における、放射線治療と予防的抗癌剤髄腔内投与の役割

The role of radiotherapy and intrathecal CNS prophylaxis in extralymphatic craniofacial aggressive B-cell lymphomas (Blood 2014;124:720-728) 頭蓋顔面領域のリンパ節外への浸潤(Ecfi)を伴うアグレッシブB細胞リンパ腫における、放射線治療と抗癌剤…

ホジキンリンパ腫治療後の多重癌リスク

Risk of multiple primary malignancies following treatment of Hodgkin lymphoma (Blood 2014;124:319-327) 著者らは、ホジキンリンパ腫(Hodgkin lymphoma; HL)のsurvivorにおける、三次発癌のリスク、部位、時期を評価した。1965年から1995年の間にHLと診…

自家造血幹細胞移植後に再発・増悪した骨髄腫患者を対象とした、再度の自家移植と経口cyclophosphamideの比較試験

High-dose chemotherapy plus autologous stem-cell transplantation as consolidation therapy in patients with relapsed multiple myeloma after previous autologous stem-cell transplantation (NCRI Myeloma X Relapse [Intensive trial]): a randomis…

自家移植適応のない未治療骨髄腫患者を対象としたCCyd療法の第2相試験

Carfilzomib, cyclophosphamide, and dexamethasone in patients with newly diagnosed multiple myeloma: a multicenter, phase 2 study. (Blood 2014;124:63-69) この多施設参加、オープンラベル第2相試験では、新たに診断された65歳以上または自家幹細胞…

フロントライン治療として自家移植を受けた骨髄腫患者を対象とした、原病増悪に関連した早期死亡のリスクを予測する予後指標

Combination of International Scoring System 3, High Lactate Dehydrogenase, and t(4;14) and/or del(17p) Identifies Patients With Multiple Myeloma (MM) Treated With Front-Line Autologous Stem-Cell Transplantation at High Risk of Early MM Pro…

再発・難治CLL、SLL患者を対象としたibrutinibとofatumumabの第3相臨床試験

Ibrutinib versus Ofatumumab in Previously Treated Chronic Lymphoid Leukemia. NEJM 2014, PMID 24881631 [背景] 慢性リンパ性白血病(CLL)と小リンパ球性リンパ腫(SLL)の患者において、治療への反応期間が短かいことや、特定の染色体異常が予後の悪さと関…

限局期NK/T細胞リンパ腫に対する放射線治療と化学療法併用療法のメタ解析、システムレビュー

The significance of combining radiotherapy with chemotherapy for early stage extranodal natural killer/T-cell lymphoma, nasal type: a systematic review and meta-analysis (Leuk Lemphoma 2014;55:1038-1048) 放射線治療は限局期の節外性NK/T細胞…

高リスクの発熱性好中球減少症において、piperacillin/tazobactam (PIPC/TAZ)とtigecyclineの併用は(PIPC/TAZ)単剤よりも奏功率が高い

Results of a Multicenter, Controlled, Randomized Clinical Trial Evaluating the Combination of Piperacillin/Tazobactam and Tigecycline in High-Risk Hematologic Patients With Cancer With Febrile Neutropenia JCO 2014;32:1463-1471 [目的] エン…

自家造血幹細胞移植を受けてCRを達成した骨髄腫患者の長期成績

Complete response after autologous stem cell transplant in multiple myeloma. (Cancer Med 2014, PMID 24777883) 著者らは自家幹細胞移植(ASCT)後に完全奏功(CR)を達成した骨髄腫患者の長期予後を評価した。1990年4月から2012年6月までの間に191例がASCT…