メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

頭蓋顔面にリンパ節外病変を有するアグレッシブB細胞リンパ腫における、放射線治療と予防的抗癌剤髄腔内投与の役割

The role of radiotherapy and intrathecal CNS prophylaxis in extralymphatic craniofacial aggressive B-cell lymphomas (Blood 2014;124:720-728) 頭蓋顔面領域のリンパ節外への浸潤(Ecfi)を伴うアグレッシブB細胞リンパ腫における、放射線治療と抗癌剤…

ホジキンリンパ腫治療後の多重癌リスク

Risk of multiple primary malignancies following treatment of Hodgkin lymphoma (Blood 2014;124:319-327) 著者らは、ホジキンリンパ腫(Hodgkin lymphoma; HL)のsurvivorにおける、三次発癌のリスク、部位、時期を評価した。1965年から1995年の間にHLと診…

自家造血幹細胞移植後に再発・増悪した骨髄腫患者を対象とした、再度の自家移植と経口cyclophosphamideの比較試験

High-dose chemotherapy plus autologous stem-cell transplantation as consolidation therapy in patients with relapsed multiple myeloma after previous autologous stem-cell transplantation (NCRI Myeloma X Relapse [Intensive trial]): a randomis…

自家移植適応のない未治療骨髄腫患者を対象としたCCyd療法の第2相試験

Carfilzomib, cyclophosphamide, and dexamethasone in patients with newly diagnosed multiple myeloma: a multicenter, phase 2 study. (Blood 2014;124:63-69) この多施設参加、オープンラベル第2相試験では、新たに診断された65歳以上または自家幹細胞…

フロントライン治療として自家移植を受けた骨髄腫患者を対象とした、原病増悪に関連した早期死亡のリスクを予測する予後指標

Combination of International Scoring System 3, High Lactate Dehydrogenase, and t(4;14) and/or del(17p) Identifies Patients With Multiple Myeloma (MM) Treated With Front-Line Autologous Stem-Cell Transplantation at High Risk of Early MM Pro…

再発・難治CLL、SLL患者を対象としたibrutinibとofatumumabの第3相臨床試験

Ibrutinib versus Ofatumumab in Previously Treated Chronic Lymphoid Leukemia. NEJM 2014, PMID 24881631 [背景] 慢性リンパ性白血病(CLL)と小リンパ球性リンパ腫(SLL)の患者において、治療への反応期間が短かいことや、特定の染色体異常が予後の悪さと関…

限局期NK/T細胞リンパ腫に対する放射線治療と化学療法併用療法のメタ解析、システムレビュー

The significance of combining radiotherapy with chemotherapy for early stage extranodal natural killer/T-cell lymphoma, nasal type: a systematic review and meta-analysis (Leuk Lemphoma 2014;55:1038-1048) 放射線治療は限局期の節外性NK/T細胞…

高リスクの発熱性好中球減少症において、piperacillin/tazobactam (PIPC/TAZ)とtigecyclineの併用は(PIPC/TAZ)単剤よりも奏功率が高い

Results of a Multicenter, Controlled, Randomized Clinical Trial Evaluating the Combination of Piperacillin/Tazobactam and Tigecycline in High-Risk Hematologic Patients With Cancer With Febrile Neutropenia JCO 2014;32:1463-1471 [目的] エン…

自家造血幹細胞移植を受けてCRを達成した骨髄腫患者の長期成績

Complete response after autologous stem cell transplant in multiple myeloma. (Cancer Med 2014, PMID 24777883) 著者らは自家幹細胞移植(ASCT)後に完全奏功(CR)を達成した骨髄腫患者の長期予後を評価した。1990年4月から2012年6月までの間に191例がASCT…

慢性リンパ性白血病(CLL)における、FDG/PETの結果と組織像、臨床的特徴、生存期間の関連

Correlation between FDG/PET, histology, characteristics, and survival in 332 patients with chronic lymphoid leukemia (Blood 2014;123:2783-2790) Richter sydrome (RS)は予後不良と関連している。組織学的にaggressiveな慢性リンパ性白血病(histolog…

姑息的治療を要する再発・難治DLBCL、MCL患者を対象としたVSLIとrituximab併用療法の第2相試験

Phase II study of vincristine sulfate liposome injection (Marqibo) and rituximab for patients with relapsed and refractory diffuse large B-Cell lymphoma or mantle cell lymphoma in need of palliative therapy.(Clin Lymphoma Myeloma Leuk 2014…

自家幹細胞移植併用大量化学療法後に長期間臨床的、分子生物学的寛解を維持しているマントル細胞リンパ腫患者の検討

Long-term clinical and molecular remissions in patients with mantle cell lymphoma following high-dose therapy and autologous stem cell transplantation.(Ann Hematol 2014;93:803-810)自家幹細胞移植を併用した大量化学療法(HDT-ASCT)の後に臨床的…

低悪性度またはtransformした非ホジキンリンパ腫とマントル細胞リンパ腫を対象としたbortezomib併用BEAM-ASCTの第1/2相試験

Phase I/II study of bortezomib-BEAM and autologous hematopoietic stem cell transplantation for relapsed indolent non-Hodgkin lymphoma, transformed, or mantle cell lymphoma.(Biol Blood Marrow Transplant 2014;20:536-542)標準的BEAMと自家造血…

未治療MCLに対するbevacizumab併用R-CHOPの長期成績

Long-term follow-up of R-CHOP with bevacizumab as initial therapy for mantle cell lymphoma: clinical and correlative results.(Clin Lymphoma Myeloma Leuk 2014;14:107-113)[背景] 近年明らかになっている知見から、マントル細胞リンパ腫(MCL)では腫…

未治療マントル細胞リンパ腫に対するbortezomib、rituximab併用hyper-CVAD (VcR-CVAD)とrituximab維持療法の第2相試験

Phase 2 study of VcR-CVAD with maintenance rituximab for untreated mantle cell lymphoma: an Eastern Cooperative Oncology Group study (E1405).(Blood 2014;123:1665-1673)rituximab、bortezomib、modified hyper-CVADを組み合わせた寛解導入免疫化学…

未治療の低悪性度リンパ腫、マントル細胞リンパ腫において、BRはR-CHOP/R-CVPに対して非劣性

Open-label, randomized, noninferiority study of bendamustine-rituximab or R-CHOP/R-CVP in first-line treatment of advanced indolent NHL or MCL: the BRIGHT study.(Blood 2014;123:2944-2952)この多国間無作為化第3相臨床試験では、未治療の低悪性…

マントル細胞リンパ腫においては複雑核型がMIPIと独立した強力な予後因子であり、indolent MCL同定に有用である

Complex karyotype in mantle cell lymphoma is a strong prognostic factor for the time to treatment and overall survival, independent of the MCL international prognostic index.(Genes Chromosomes Cancer 2014;53:106-116) マントル細胞リンパ腫(M…

併存症はR-CHOPで治療される進行期DLBCL患者の独立した予後因子である

Comorbidity is an independent prognostic factor in patients with advanced-stage diffuse large B-cell lymphoma treated with R-CHOP: a population-based cohort study(Br J Haematol 2014;165:489-496)新たに診断されR-CHOPで治療されたびまん性大細…

未治療マントル細胞リンパ腫に対する強力な免疫化学療法と自家造血幹細胞移植の治療成績

この論文は、MCL-2 trialの(2008年の報告に続く)長期観察報告です。2008年の報告はこちらです。 → 参照記事Nordic MCL2 trial update: six-year follow-up after intensive immunochemotherapy for untreated mantle cell lymphoma followed by BEAM or BEAC…

マントル細胞リンパ腫に対する自家幹細胞移植の治療成績

Autologous stem cell transplantation in mantle cell lymphoma: a report from the SFGM-TC.(Ann Hematol 2014;93:233-242)自家幹細胞移植は若年のマントル細胞リンパ腫(MCL)患者にとって魅力的な治療選択肢の一つと考えられている。本研究はSFGM-TC study…

自家移植前にCRを達成できなかったMCLにZevalinを投与しても予後は改善されなかった

Nordic MCL-3 study: BEAM/C conditioning intensified with 90Y-Ibritumomab-Tiuxetan in responding non-CR patients followed by autologous transplant in mantle cell lymphoma.(Blood 2014;123:2953-2959)本研究の主な目的は、移植前にCRを達成出来な…

Mantle-cell lymphoma international prognostic index (MIPI)の検証

Confirmation of the Mantle-Cell Lymphoma International Prognostic Index in Randomized Trials of the European Mantle-Cell Lymphoma Network.(JCO 2014, PMID 24687837)[目的] マントル細胞リンパ腫(MCL)はB細胞リンパ腫の中の独立した組織型で、予後…

再発・難治マントル細胞リンパ腫の救援療法としての経口亜ヒ酸ベースレジメン

Oral arsenic trioxide based regimen as salvage treatment for relapsed or refractory mantle cell lymphoma.(Ann Oncol 2014, PMID 24728036)[背景] マントル細胞リンパ腫(MCL)はaggressiveであり、再発・難治性の場合は予後不良である。[患者・方法] 大…

rituximab時代におけるマントル細胞リンパ腫の予後予測指標(MIPI、s-MIPI、Ki-67 index)の検証

Retrospective analysis of 235 unselected patients with mantle cell lymphoma confirms prognostic relevance of Mantle Cell Lymphoma International Prognostic Index and Ki-67 in the era of rituximab: long-term data from the Czech Lymphoma Proj…

眼内原発リンパ腫に対する放射線単独治療の成績

Primary intraocular lymphoma: treatment outcomes with ocular radiation therapy alone (Leuk lymphoma 2014;55:795-801) 眼内原発リンパ腫(primary intraocular lymphoma; PIOL)のうち、他に中枢系浸潤が無いものの治療については議論の的となっている。…

DLBCLの治療において、interim 18F-FDG PETの結果は独立した予後予測因子である

Quantitative and qualitative analysis of metabolic response at interim positron emission tomography scan combined with International Prognostic Index is highly predictive of outcome in diffuse large B-cell lymphoma (Leuk lymphoma 2014;55:7…

T/NK細胞リンパ腫に対する、bevacizumab併用CHOP療法の第2相試験

Bevacizumab and cyclosphosphamide, doxorubicin, vincristine and prednisone in combination for patients with peripheral T-cell or natural killer cell neoplasms: an Eastern Cooperative Oncology Group study (E2404)(Leuk lymphoma 2014;55:768-7…

リンパ腫の同種造血幹細胞移植後はFDGPETの偽陽性が多い

False-Positive [18F]Fluorodeoxyglucose-Avid Lymph Nodes on Positron Emission Tomography-Computed Tomography After Allogenic but Not Autologous Stem-Cell Transplantation in Patients With Lymphoma (JCO 2013, PMID 24248697) [目的] 造血幹細胞…

MDSとAML-MRCに対するazacitidine延長投与とentinostatの併用

Prolonged Administration of Azacitidine With or Without Entinostat for Myelodysplastic Syndrome and Acute Myeloid Leukemia With Myelodysplasia-Related Changes: Results of the US Leukemia Intergroup Trial E1905 (JCO 2014;32:1242-1248) [目的…

高リスク中悪性度B細胞リンパ腫を対象としたrituximab併用高強度寛解導入、大量地固め療法:R-MegaCHOP-ESHAP-BEAM trialの長期解析

Treatment of high-risk aggressive B-cell non-Hodgkin lymphomas with rituximab, intensive induction and high-dose consolidation: the long-term analysis of the R-MegaCHOP-ESHAP-BEAM Trial.(Leuk Lymphoma 2014, PMID 24628294)著者らは本試験にお…

経口melphalan、dexamethasone療法は最小の毒性でALアミロイドーシスの生存期間を延長する

Oral melphalan and dexamethasone grants extended survival with minimal toxity in AL amyloidosis: long-term results of a risk-adapted approach(haematologica 2014;99:743-50)経口メルファランとデキサメタゾンの併用療法は自家移植の適応が無いALア…

血管内大細胞型B細胞リンパ腫の診断におけるランダム皮膚生検と骨髄生検

Random skin biopsy and bone marrow biopsy for diagnosis of intravascular large B cell lymphoma. (Ann Hematol 2011;90:417-21) 血管内リンパ腫(IVL)は節外性リンパ腫の稀なタイプであり、殆どの場合リンパ腫細胞が小血管の内腔で増殖する。IVLの診断に…

血管内大細胞型B細胞リンパ腫20例の臨床的特徴と治療成績

血管内大細胞型B細胞リンパ腫(intravascular large B-cell lymphoma; IVLBCL)はいわゆる「血管内リンパ腫」のことです。 Clinical features and treatment outcomes of intravascular large B-cell lymphoma: a single-center experience in Korea (Acta Hae…

MCLに対するR-CHOPとR-CHOP/R-DHAPの比較試験

R-CHOP/R-DHAP Compared to R-CHOP Induction Followed by High Dose Therapy with Autologous Stem Cell Transplantation Induces Higher Rates of Molecular Remission In MCL: Results of the MCL Younger Intergroup Trial of the European MCL Network(…

リンパ腫に対するgemcitabineベース化学療法の報告

少しだけ整理したもの。 Gemcitabine-based combination regimen in patients with peripheral T-cell lymphoma. (Med Oncol 2013;30:351) 末梢性T細胞リンパ腫26例を対象としたgemcitabineを含むレジメンの治療成績. 組織型の内訳は ・extranodal NK/T-cel…

成人バーキットリンパ腫に対する低強度化学療法

Low-Intensity Therapy in Adults with Burkitt's Lymphoma (NEJM 2013;369:1915-1925) [背景] バーキットリンパ腫は小児、成人に発症するaggressive B細胞リンパ腫であり、多くは高強度化学療法により治癒し得る。現在行われている治療は、小児と比較すると…

骨髄腫において自家造血幹細胞移植後にstringent CR (sCR)を達成することの重要性

Importance of Achieving Stringent Complete Response After Autologous Stem-Cell Transplantation in Multiple Myeloma (JCO 2013, PMID 24248686) [補足]ここで出てくるCR周辺の判定基準について sCR (stringent CR): CRの基準を満たし、FLC (free light…

バーキットリンパ腫/白血病に対する短期高強度化学療法の治療成績

High cure rates in Burkitt lymphoma and leukemia: a Nothern Italy Leukemia Group study of the German short intensive rituximab-chemotherapy program (Haematologica 2013;98:1718-1725) 100人以上のバーキットリンパ腫/白血病が参加した前向き臨床…

骨浸潤のある中悪性度B細胞リンパ腫に対する、リツキシマブと放射線治療のインパクト

Impact of Rituximab and Radiotherapy on Outcome of Patients With Aggressive B-Cell Lymphoma and Skeletal Involvement (JCO 2013;31:4115-4122) [目的] リツキシマブ併用、非併用で治療された、骨浸潤を伴った中悪性度B細胞リンパ腫患者における臨床的…

妊娠中にリンパ腫を合併した90例の後ろ向き解析

Lymphoma occurring during pregnancy: antenatal therapy, complications, and maternal survival in a multicenter analysis. (JCO 2013;31:4132-4139) [目的] リンパ腫は妊娠中にみられる悪性腫瘍の中で4番目に多い。しかし、現在臨床現場で行われている…

高リスクの中悪性度リンパ腫に対する地固め療法としての自家末梢血幹細胞移植

Autologous Transplantation as Consolidation for Aggressive Non-Hodgkin's Lymphoma (N Engl J Med 2013;369:1681-1690. DOI: 10.1056/NEJMoa1301077) [背景] IPIでhigh-intermediate riskまたはhigh riskに該当する中悪性度リンパ腫の第1寛解期における…

リンパ腫におけるgemcitabineを含んだ化学療法

末梢性T細胞リンパ腫患者を対象としたPEGS療法*の第2相臨床試験 (Cancer 2013;119:371-379) *PEGS: cisplatin, etopocide, gemcitabine, methylprednisolone [背景]末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)患者の無増悪生存率(PFS)、全生存率(OS)はaggressive B細胞非ホジ…

リンパ腫に対する、gemcitabineを含んだ化学療法の報告

タイトル通り。雑多な内容です。そのうち整理します(多分) Gemcitabine-based combination regimen in patients with peripheral T-cell lymphoma.(Med Oncol 2013;30:351)末梢性T細胞リンパ腫26例を対象としたgemcitabineを含むレジメンの治療成績.組織型…

未治療マントル細胞リンパ腫に対する強力な免疫化学療法の第2相臨床試験(Nordic MCL-2 study)

Long-term progression-free survival of mantle cell lymphoma after intensive front-line immunochemotherapy with in vivo-purged stem cell rescue: a nonrandomized phase 2 multicenter study by the Nordic Lymphoma Group.(Blood 2008;112:2687-269…

未治療マントル細胞リンパ腫に対する免疫化学療法と自家幹細胞移植の報告

Immunochemotherapy and Autologous Stem-Cell Transplantation for Untreated Patients With Mantle-Cell Lymphoma: CALGB 59909 (JCO 2009;27:6101-6108)[目的] マントル細胞リンパ腫(MCL)は予後不良のaggressive B細胞非ホジキンリンパ腫である。著者らは…

濾胞性リンパ腫

腫瘍量が少なく,進行が緩徐な症例では診断後直ちに治療を開始せずに病勢が進行するまで経過観察するという選択肢もある (watchful wait,watch and wait).この選択肢はrituximab導入後にも有効な選択肢であることが示唆されている(JCO 2012;30:3848-3853)…