読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

高リスクの中悪性度リンパ腫に対する地固め療法としての自家末梢血幹細胞移植

Autologous Transplantation as Consolidation for Aggressive Non-Hodgkin's Lymphoma
(N Engl J Med  2013;369:1681-1690. DOI: 10.1056/NEJMoa1301077)

[背景] IPIでhigh-intermediate riskまたはhigh riskに該当する中悪性度リンパ腫の第1寛解期における自家造血幹細胞移植の有効性は未だ結論が出ておらず、またリツキシマブ時代には検討がなされていない。
[方法] 筆者らはAA-IPIでhigh-intermediate riskまたはhigh riskに該当する397例に(R-)CHOP療法を5回行い、治療効果のあった症例を(1)当初の治療を追加で3回行う群(対照群)と(2)当初の治療 を追加で1回行い、引き続き自家末梢血幹細胞移植を行う群(移植群)の2群に無作為に割り付けた。主要評価項目は2年無増悪生存率と2年全生存率とした。
[結果] 適格条件を満たした370例のうち、253例が移植群(125例)と対照群(128例)に割り付けられた。移植群の46例と対照群の68例はリンパ腫が増 悪するかあるいは死亡し、2年無増悪生存率はそれぞれ69%と55%だった(P=0.005)。また、移植群で37例、対照群で47例がそれぞれ死亡し、 2年全生存率は74%と71%だった(P=0.30)。探索的解析を行ったところ、無増悪生存率(P=0.04)と全生存率(P=0.01)のいずれにつ いてもAA-IPIのリスク群によって治療効果に差がみられた。high riskの患者のみに限ると、全生存率も移植群の方が有意に高かった(82% vs 64%. P=0.01)。
[結論] high-intermediate riskとhigh riskの症例(のうち治療に反応した症例)における早期の自家幹細胞移植は、無増悪生存率を改善する。全生存率に有意な差がみられないのは、一定の割合で救援化学療法が奏功するためと考えられる。

本研究は中悪性度非ホジキンリンパ腫一般を対象としているが、具体的な組織型は以下の通りであった。
B-cell lymphoma 89%
 DLBCL 67%
 PMLBCL 8%
 intermediate between DLBCL and BL 8%
 Follicular lymphoma (grade 3) 4%
 Burkitt's lymphoma 1%
 other 1%
T-cell lymphoma 11%
 PTCL-NOS 5%
 ALCL 4%
 AITL 2%

また試験実施中にrituximabがCD20陽性リンパ腫の治療に使用されるようになったため、2003年4月からCD20+リンパ腫に対する治 療はR-CHOPに変更された。本研究においてはCHOPとR-CHOPで成績に差は無かったようだが、この試験はそもそも初期治療が奏功した症例が解析 対象になっているので、その点に留意する必要がある。事実、今回の試験で無作為割り付けまで進んだ症例は全登録症例の47%だったが、R-CHOPで治療 されたB細胞リンパ腫に限ると60%と割合が高かった。
<2年無増悪生存率>
                  対象全例 (n=253) / high-intermediate risk (n=165) / high risk (n=88)
移植群              69%                               66%                                    75%
対照群              55%                               63%                                    41%
                        P=0.005                         P=0.32                                P=0.001

<2年全生存率>
                  対象全例 (n=253) / high-intermediate risk (n=165) / high risk (n=88)
移植群              74%                               70%                                    82%
対照群              71%                               75%                                    64%
                        P=0.30                           P=0.48                                P=0.01