メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

バーキットリンパ腫/白血病に対する短期高強度化学療法の治療成績

High cure rates in Burkitt lymphoma and leukemia: a Nothern Italy Leukemia Group study of the German short intensive rituximab-chemotherapy program
(Haematologica 2013;98:1718-1725)
100人以上のバーキットリンパ腫/白血病が参加した前向き臨床試験の長期結果を評価した。疾患の程度により、6〜8回のリツキシマブ投与と4〜6 コースの高強度化学療法(高用量メソトレキサート、イフォスファミド・シクロフォスファミドの分割投与、その他の薬剤のローテーション投与に加えて抗癌剤 の予防的髄腔内投与も実施)からなる治療をおこなった。尚、55歳を超える患者では原則として減量した。
105人の患者が治療を受けた。年齢の中央値は47歳(17-78)、48%がバーキット白血病で、25%が60歳を超えていた。37歳がECOG PS>1で、14%がHIVに感染していた。完全奏功率は79%で、3年全生存率は67%、無病生存率は75%だった。adapted IPI(aIPI)のrisk群別に見ると、low risk群ではOS 100%、DFS 100%、intermediate risk群ではOS 66%、DFS 69%、high群ではOS 45%、DFS 60%だった。多変量解析では、年齢>60歳、PS>1が予後と関連していた。年齢とPSにより3群に分けると、以下のようにOS、DFS、治療関連死亡 率、累積再発率でそれぞれの群間に有意な差がみられた。治療間隔が25日以下の群では再発率は7%と低かった。本レジメンはaIPIでlowに該当する患 者では100%の治癒可能性があり、また60歳以下でPSが0-1の症例では90%に近い治癒可能性を認めた。
                                                    3年OS / 3年DFS / 治療関連死亡率 / 累積再発率
年齢≦60歳かつPS 0-1               88% /   87.5%  /             8%            /         7%
年齢>60歳またはPS >1         57% /   70.5%  /            25%           /        22%
年齢>60歳かつPS>1              20% /   28.5%  /            40%           /        40%