読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

リンパ腫に対するgemcitabineベース化学療法の報告

少しだけ整理したもの。

Gemcitabine-based combination regimen in patients with peripheral T-cell lymphoma.
(Med Oncol 2013;30:351)

末梢性T細胞リンパ腫26例を対象としたgemcitabineを含むレジメンの治療成績.
組織型の内訳は
・extranodal NK/T-cell lymphoma, nasal type 14例
・peripheral T-cell lymphoma, not otherwise specified 9例
・anaplastic large cell lymphoma, ALK negative 3例
また、17例が未治療で、21例が進行期症例であった。
治療レジメンは
・DIMG (dexamethasone, ifosfamide, methotrexate, gemcitabine) 6例
・GDP (gemcitabine, dexamethasone, cisplatin) 20例
観察期間の中央値は25か月(7-60)で、全奏功率は88.5%。内訳はCRが46.2%、PRが42.3%。また、SDは3.8%、PDは7.7%であった。
1年後、2年後の無増悪生存率は58.7%、45.9%、全生存率は80.6%、63.7%。有害事象(grade 3/4)については、GDP療法を受けた症例で好中球減少が35.0%、血小板減少が15.0%にみられ、DIMG療法を受けた症例では好中球減少が 100%、血小板減少が66.7%でみられた。

Phase 2 trial of combined cisplatin, etoposide, gemcitabine, and methylprednisolone (PEGS) in peripheral T-cell non-Hodgkin lymphoma
末梢性T細胞リンパ腫患者を対象としたPEGS療法の第2相臨床試験
(Cancer 2013;119:371-379)
[背景] 末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)患者の無増悪生存率(PFS)、全生存率(OS)はaggressive B細胞非ホジキンリンパ腫と比較して不良である。PTCLは多剤耐性遺伝子(MDR-1/P-gp)を過剰発現しているため、著者らはこの排出ポンプ (MDR-1/P-gp)の作用を受けないcisplatin、etoposide、gemcitabine、methylprednisoloneを組 み合わせたレジメン(PEGS療法)を考案した。尚、gemcitabineは単剤でPTCLに優れた活性を示したためこのレジメンに加えられた。
[方法] 進行期PTCL患者(III期、IV期、bulky病変のあるII期)を対象とした。治療レジメンは以下。
・cisplatin 25mg/m^2 iv day1-4
・etoposide 40mg/m^2 iv day1-4
・gemcitabine 1000mg/m^2 iv day1
・methylprednisolone 250mg iv day1-4
(1サイクル21日。6サイクル行う)
[結果] 34例が登録され、うち33例が適格症例で、79%は新規に診断された症例だった。組織型はPTCL-NOSが15例、ALK-negative ALCLが4例、AITLが6例、その他のT細胞NHLが8例だった。有害事象については、grade5の感染症が1例(grade3/4の好中球減少を 伴っていた)と、grade4の血液毒性が9例あった。全奏功率は39%で、組織型別にみるとPTCL-NOSで47%、AITLで33%、ALK- negative ALCLで25%、その他のT細胞リンパ腫で38%だった。2年PFSは12%(95% CI, 0.1%-31%)で、PFS中央値は7か月だった。また、2年OSは30%(95% CI, 8%-54%)で、OS中央値は17か月だった。P糖蛋白を免疫組織化学的に解析したところ、6例でリンパ腫細胞、25例で腫瘍の内皮細胞に強く発現して いた。[結論] PEGSの毒性は許容可能だったが、OSは有望とは思われなかった。今回の結果は今後のnon-CHOPレジメンの比較対象とされるかもしれない。

Rituximab, gemcitabine, cisplatin, and dexamethasone in patients with refractory or relapsed aggressive B-cell lymphoma.
(Med Oncol 2012;29:2409-2416)
再発・難治aggressive B細胞リンパ腫を対象としたR-GDP療法の臨床試験.
治療レジメンは
・rituximab 375 mg/m^2 (iv) day1
・gemcitabine 1,000 mg/m^2 (iv) day1, 8
・dexamethasone 40mg (iv) day1-4
・cisplatin 25mg/m^2 (iv) day1-3
※1サイクル21日
主要評価項目は全生存率と無増悪生存率,副次評価項目は奏功率と毒性.対象患者は自家造血幹細胞移植併用大量化学療法,あるいは最大6サイクルまで のGDP療法を受けることが認められた.2005年から2010年までに治療を受けた50例(DLBCL 30例,FL grade 3b 20例)が対象となった.観察期間の中央値は42か月(12-70)で,2サイクル終了時点での全奏功率は72%,このうちCR/CRuが56%だった. また,2年全生存率は70.0%,無再発生存率は48.0%だった.grade 3/4の好中球減少,血小板減少が34%,40%でみられた.21例(42%)が自家造血幹細胞移植を受けた.IPIスコア高値と治療抵抗性が全生存率, 無再発生存率の悪さと関連していた.

Salvage chemotherapy and autologous stem cell transplant in primary refractory diffuse large B-cell lymphoma: outcomes and prognostic factors.
(Leuk Lymphoma 2012;53:836-841)
1999年〜2007年に治療された治療抵抗性DLBCL(治療中または治療終了後3か月以内に増悪)の111例についての後方視的解析.最初の治 療はCHOP療法が66%,R-CHOP療法が33%で,14%がIFRTを受けていた.初回救援療法の奏功率は23%で治療レジメン別の内訳はDHAP が15%,ESHAPが36%,GDPが45%だった.25%(28例)が自家造血幹細胞移植を受けた.観察期間の中央値は5.9か月(1-94)で,最 初の治療失敗からの無再発生存期間,全生存期間の中央値はそれぞれ3か月,10か月だった.CHOP群,R-CHOP群の間で予後に差はみられなかった. 第2世代のplatinum-containing regimen (ESHAP, GDP)はDHAPよりも優れている可能性がある.

Gem-(R)CHOP versus (R)CHOP: a randomized phase II study of gemcitabine combined with (R)CHOP in untreated aggressive non-Hodgkin’s lymphoma – EORTC lymphoma group protocol 20021
未治療aggressive非ホジキンリンパ腫患者を対象とした(R-)CHOPとgemcitabine併用レジメンの無作為化第2相臨床試験(EORTC lymphoma group protocol 20021)
(Eur J Haematol 2011;86:111-116)
(R-)CHOPにgemcitabinを併用したレジメン[Gem-(R)CHOP]の無作為化第2相臨床試験。併用するgemcitabinの 最大耐用量決定も行われた。対象となった患者は未治療aggressive非ホジキンリンパ腫患者で、無作為に割り付けられた上で(R-)CHOPまたは Gem-(R)CHOPを21日間隔で8回受けた。
25例が登録され、12例がGem-(R)CHOP群、13例が(R)CHOP群に割り付けられた。最大耐用量は800mg/m^2(day1, 8)で、用量制限毒性は血液毒性だった。
完全奏功を達成したのはGem-(R)CHOP群では5例(42%)、(R)CHOP群では10例(77%)だった。治療失敗までの期間の中央値は Gem-(R)CHOP群で1.5年、(R)CHOP群で3.1年だった。Gem-(R)CHOP群の3例では重篤な肺毒性がみられ、(R)CHOP群で はみられなかった。1例が肺臓炎で死亡した。

Similar response rates and superior early progression-free survival with gemcitabine, dexamethasone, and cisplatin salvage therapy compared with carmustine, etoposide, cytarabine, and melphalan salvage therapy prior to autologous stem cell transplantation for recurrent or refractory Hodgkin lymphoma.
(Cancer 2006;106:353-360)
再発・難治ホジキンリンパ腫を対象としたGDP療法とmini-BEAM療法の比較.自家造血幹細胞移植を受けた症例の後方視的解析.
 ・GDP療法……gemcitabine, dexamethasone, cisplatin
 ・mini-BEAM……cramustine, etoposide, cytarabine, melphalan
対象症例68例のうち34例がGDP療法,34例がmini-BEAM療法を受けていた.
mini-BEAMで治療された患者は入院で3〜4週毎に治療を受け,GDP療法を受けた患者は外来で3週毎に治療を受けた.治療が奏功した患者は 幹細胞を採取し,自家造血幹細胞移植を受けた(大量etoposide + 大量melphalan).また,再発時点で径5cmを超えるサイズの病変があった患者は移植後にIFRTを受けた.
GDP療法の奏功率は62%(95% CI, 45%-78%),mini-BEAMは68%(95% CI, 52%-83%)で有意な差はみられなかった(P = 0.61).
目標のCD34陽性細胞数(>5 x 10^6 cells/kg)が採取できた割合は,GDP群で97%,mini-BEAM群で57%だった(P = 0.0003).1回のアフェレーシスで採取が完了した患者数はGDP群の方がmini-BEAM群よりも多く(73% vs 36%; P = 0.004),骨髄からの採取が必要だった患者はGDP群の方が少なかった.
観察期間の中央値は移植後1.8年で,1.5年時点での無増悪生存率はGDP群の方がmini-BEAM群よりも有意に高かった(74% vs 35%; P = 0.005).また,1.5年時点での全生存率はGDP群が91%,mini-BEAM群が82%だった(P = 0.23).

Gemcitabine, dexamethasone, and cisplatin in patients with recurrent or refractory aggressive histology B-cell non-Hodgkin lymphoma: a Phase II study by the National Cancer Institute of Canada Clinical Trials Group (NCIC-CTG).

(Cancer 2004;101:1835-1842)
再発・難治aggressive B細胞リンパ腫を対象としたGDP療法の第2相臨床試験.
 REAL分類でのびまん性大細胞型B細胞非ホジキンリンパ腫とそのvariantが対象.治療レジメンは
・gemcitabine 1,000 mg/m^2 (iv) day1, 8
・dexamethasone 40 mg (po) day1-4
・cisplatin 75 mg/m^2 (iv) day1
※1サイクル21日.治療は外来で実施.
主要評価項目は2サイクル終了後の治療効果.患者はその後造血幹細胞移植を受けるか,または最大6サイクルまで同内容の治療を受けることができた.
評価可能症例数は51例で,年齢の中央値は57歳(18-84),殆どの症例がびまん性大細胞型リンパ腫だった.2サイクル終了後の全奏功率は 49%(95% CI, 37%-63%)で,8例(16%)がCR,17例(33%)がPRだった.全サイクル終了後の全奏功率は53%で,CRが11例,PRが16例だった.
grade 3/4の好中球減少が33%/39%でそれぞれみられ,grade 3/4の血小板減少が24%/4%でそれぞれみられた.また,7例(14%)で発熱性好中球減少症がみられた.
66歳未満の35例のうち22例(63%)が造血幹細胞移植を受けた.

Gemcitabine, dexamethasone and cisplatin is an active and non-toxic chemotherapy regimen in relapsed or refractory Hodgkin's disease: a phase II study by the National Cancer Institute of Canada Clinical Trials Group.
(Ann Oncol 2003;14:1762-1767)
再発・難治ホジキンリンパ腫患者を対象とした,GDP療法の第2相臨床試験.
症例数は23例で,患者年齢の中央値は36歳(19-57).
治療レジメンは
・gemcitabine 1,000 mg/m^2 (iv) day1, 8
・dexamethasone 40 mg (po) day1-4
・cisplatin 75 mg/m^2 (iv) day1
※1サイクル21日.治療は外来で実施.
治療効果は2サイクル終了後に判定した.
奏功率は69.5%(95% CI, 52%-87%)で,奏功症例の内訳はCRが4例,12例がPRだった.残る7例はいずれもSDで,PD症例はみられなかった.全症例が無事造血幹細胞を 採取出来,自家造血幹細胞移植を受けた.採取されたCD34陽性細胞数の中央値は10.6 x 10^6 cells/kgだった.GDP療法の毒性は軽度で,grade 3の好中球減少が8.6%,血小板減少が13%でみられた.