メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

rituximab時代におけるマントル細胞リンパ腫の予後予測指標(MIPI、s-MIPI、Ki-67 index)の検証

Retrospective analysis of 235 unselected patients with mantle cell lymphoma confirms prognostic relevance of Mantle Cell Lymphoma International Prognostic Index and Ki-67 in the era of rituximab: long-term data from the Czech Lymphoma Project Database
(Leuk lymphoma 2014;55:802-810)
 
マ ントル細胞リンパ腫(MCL)における予後予測モデル(mantle cell lymphoma international prognostic index; MIPI)は既に確立されているが、rituximab時代の日常診療における有用性については未だ議論の余地がある。著者らはCzech Lymphoma Project Databaseから得られたMCL患者235例について、後ろ向き解析をおこなった。全患者についてとrituximabで治療されたサブグループにつ いて、MIPI、simplified MIPI (s-MIPI)、Ki-67 proliferation indexを評価した。MIPIによる分類では22%がlow-risk群、29%がintermediate-risk群、49%がhigh-risk 群に分けられ、全生存期間中央値はそれぞれ105.8か月、54.1か月、24.6か月だった(p < 0.001)。s-MIPIについても、同様の結果が得られた。rituximab群においても、両指標の妥当性が確認された。また、全患者、 rituximab群のいずれについてもKi-67 indexが強力な予後因子であることを確認した(64.4か月 vs 20.1か月、p < 0.001)。今回の結果により、rituximab時代においてもMIPI、s-MIPI、Ki-67 indexがMCLのリスク層別化の妥当な指標であることが確認された。



[補足]
MIPI score = [ 0.03535 x age (years) ]
                 + 0.6978 ( if ECOG PS > 1 )
                 + [ 1.367 x log10(LDH/ULN) ]
                 + [ 0.9393 x log10(WBC count) ]
low risk: < 5.7, intermediate risk: 5.7 - 6.2, high risk: ≧ 6.2

s-MIPI……以下のpointを合計する。

low risk: 0 - 3, intermediate risk: 4 - 5, high risk: 6 - 11
(Blood 2008;111:558-565)