メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

ホジキンリンパ腫治療において、中間PET(interim-PET)が陰性でも治療終了後のPET評価を省略することはできない

Hodgkin lymphoma: a negative interim-PET cannot circumvent the need for end-of-treatment-PET evaluation.

Br J Haematol., PMID: 27539639

www.ncbi.nlm.nih.gov

著者らは、interim PET (int-PET)が陰性の場合に治療終了時のPET (end-PET)を省略できるか否かを評価するため、ホジキンリンパ腫 (HL)患者コホートの治療成績について評価した。ABVDで治療された76例が後方視的評価の対象となった。int-PETの結果に基づいて治療内容が変更されたケースはなかった。end-PETにおいて疑わしかった部位は、可能な限り生検での確認が行われた。

フォローアップ期間の中央値は58.9ヶ月だった。Lugano分類に従い、int-PETにおけるuptakeが肝臓よりも高い場合(score 4〜5)を陽性とし、end-PETではscore 3〜5を陽性とした。治療失敗は15例だった。int-PETの感度、特異度、陽性的中率(PPV)、陰性的中率、正確性はそれぞれ46.7%、85.2%、43.8%、86.7%、77.6%だった。end-PETについては、それぞれ80%、93.4%、75%、95%、90.8%だった。int-PETが陰性だった患者のうち8人で治療失敗があった。このうち6人はend-PETで治療反応無しと判断された。int-PET陰性患者の5年無増悪生存率(PFS)は87%、int-PET陽性患者では56%だった。end-PET陰性患者の5年PFSは96%、end-PET陽性患者では23%だった。int-PETから得られるPFSに関する予後予測情報はend-PETから得られるものより低かった(p=0.0048 vs p<0.0001)。Int-PETは治療失敗のうち半分しか予測できなかった。実地臨床においては、int-PET陰性をもってend-PETを不要とすることは出来ない。