メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

初回シスプラチン投与後の急性腎障害発症リスクの予測モデル

Development and Validation of a Risk Prediction Model for Acute Kidney Injury After the First Course of Cisplatin.
J Clin Oncol. 2018

目的
シスプラチン関連急性腎傷害 Cisplatin-associated acute kidney injury (C-AKI)はよくみられる。著者らは初回のシスプラチン投与後のC-AKI予測モデルの開発と検証を行った。

方法
2施設で2000年から2016年の間にシスプラチンを投与された患者から得られたデータを収集した。シスプラチン投与から14日以内に血清クレアチニンが0.3 mg/dL上昇した場合をC-AKIと定義した。C-AKIを主要評価項目とし、多変量ロジスティック回帰分析を用いてdevelopment cohort (DC)のデータからスコアモデルを作成し、validation cohort (VC)で検証した。

結果
C-AKIはDCの2,118人患者中13.6%、VCの2,363人中11.6%で発生した。C-AKIと有意に関連していたのは年齢(60歳以下と比較)が61歳~70歳(オッズ比 1.64; 95% CI 1.21~2.23; p = 0.001)、71歳~90歳(OR 2.97; 95% CI 2.06~4.28; p < 0.001)、シスプラチンの用量(≦ 100mgと比較)が101~150 mg (OR 1.58; 95% CI 1.14~2.19; p = 0.007)、> 150 mg (OR 3.73; 95% CI 2.68~5.20; p < 0.001)、高血圧の病歴あり(OR 2.10; 95% CI 1.54~2.72; p < 0.001)、血清アルブミン(> 3.5 g/dLと比較)が2.0~3.5 g/dL(OR 2.21; 95% CI 1.62~3.03; p < 0.001)だった。
シスプラチン投与前の推定糸球体濾過量とC-AKIリスクの間に有意な関連はみられなかった。DCとVCのスコアを基にしたモデルのC統計量(c-statistics)は0.72(95% CI 0.69~0.75)と0.70(0.67~0.73)だった。スコアが0、3.5、8.5の場合、C-AKI発生率はそれぞれ0.03(95% CI 0.03~0.05)、0.12(0.11~0.14)、0.51(0.43~0.60)だった。

結論
患者の年齢、シスプラチン用量、高血圧、血清アルブミンを用いたスコアに基づいたモデルはC-AKIを予測した。