メモ帳

血液内科関連の論文について,主にアブストラクトの日本語訳を載せています.基本は自分用メモですので,ご利用の際はその点ご了承ください.

interim FDG-PETはDLBCLの予後を予測するかもしれない。

Prognostic Value of Interim FDG-PET in Diffuse Large Cell Lymphoma: Results From the CALGB 50303 Clinical Trial
PMID: 32232481  DOI: 10.1182/blood.2019003277

大細胞リンパ腫のランダム化・前向き臨床試験の一部として、著者らはベースライン、化学療法2サイクル後(i-PET)、治療終了時点 end of treatment (EoT)でFDG-PETを実施し、寛解と生存を予測する反応のバイオマーカーを同定することを試みた。
画像はコアラボラトリーで2人の画像専門家によるvisual 5-point scale (5-PS)を用いた評価と、FDG uptakeの変化率(ΔSUV)によって解釈された。
visual score 1〜3かつΔSUV 66%をnegativeと定義した。
母体の試験に参加した524人のうち、169人がPETを用いた試験への参加に同意し、158人が最終解析の条件を満たした。
この集団において、全ての患者でベースラインにおいてFDGの集積を伴う病変があり、5-PSでは55人(35%)がi-PETで依然としてpositive、28人(18%)がEoT PETでpositiveだった。
i-PETにおけるΔSUVの中央値は86.2%だった。フォローアップ期間の中央値は5年で、連続変数としてのΔSUVは無増悪生存(PFS) (HR=0.99, 95% CI: 0.97-1.00, p=0.02)、全生存(OS) (HR=0.98, 95% CI: 0.97-0.99, p=0.03)と関連していた。
ΔSUV 66%はOSと関連していたが(HR=0.31, 95% CI: 0.11-0.85, p=0.02)、PFSとは関連していなかった(HR=0.47, 95% CI: 0.19-1.13, p=0.09)。
i-PETにおけるvisual 5-PSは治療結果を予測しなかった。i-PETにおけるΔSUVは、イベント数が少なく統計解析に制約があったもののDLBCLにおけるOSを予測した。これらのデータが、PETによる奏功に応じた治療調整を行う臨床試験を将来行う際の一助となる可能性がある。
この試験はclinicaltrials.govに登録されている(NCT00118209)